賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件における敷金礼金について

賃貸マンションやアパートでは、契約の際に必要なお金として、前払い賃料に加えて、敷金および礼金があります。賃貸物件における敷金と礼金に関してはそれぞれ異なった性質を持っています。敷金の性質としては、賃貸物件の保険のような役割を果たしており、賃借人が自己責任の範囲で何とかしなければならない事象が生じた場合に、それを補填するための保証金のような性質を有しています。たとえば故意に物件を損傷させたような場合がそうです。もっとも通常使用で起こりうる経年劣化や損傷などに関しては敷金で補填する必要がないために、物件から退去するにあたっては、敷金は当然のことながら賃借人のもとへ返還されることになります。

一方、礼金に関しては、こちらは法的根拠がない慣習上のものとして適用されてきたものです。礼金の歴史的根拠に関してみると、現在では礼金をとる必要性がないにもかかわらず、多くの物件では礼金を必要としているようです。礼金は純粋に賃貸人の利益になるために、賃貸人としてはよき慣習とはなるものの、賃借人としてはできれば払いたくないものです。そこで現在では、この礼金は不要とする物件も増えてきています。賃貸物件の中には、礼金だけでなく敷金も不要としているところも出てきています。ただし、敷金まで不要としているところでは、賃料に分割して上乗せしているところもあるので、賃料相場もしっかりと確認しておくことが大切です。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.