賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸の物件は敷金が帰ってくるはずだ

賃貸のアパートとかマンションに引越しをするとき、敷金とか礼金を払うものです。このうち、敷金というのは、預け金ですから、将来そのアパートとかマンションを出るとき、返してもらえるのです。ところが実際には鍵が一旦使われた関係で、ドアノブごと交換しなければならないとか、掃除とか、壁紙の張替えとか、いろいろなことを言われて、結局返してもらえないことも多いのです。そういうわけで、敷金が返してもらえるかどうかというのは、事前に把握しておかなくてはなりません。契約書をよく読んで、どのような状態で明け渡しをしなければならないかをよく知っておくことが大事です。

そのことを知っていれば、たとえば壁紙を交換するのは、自分ですることもあるかもしれませんし、自分でペンキを塗ったりなどもありえます。要は契約書に従ったとおりにして明け渡しをすれば、敷金から差し引かれることはありません。ところがそのアパートやマンションを明け渡す直前に質問したりとか、あるいは勝手な思い込みで行動したりとかしても、認められず、結局敷金から差し引かれるということにもなりかねません。敷金については、しっかり契約書を読んでおくと良いでしょう。そして、もし不明なところがあれば、遠慮なく仲介する不動産業者に質問することが肝要です。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.