賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸の住宅には敷金と礼金がない方がよい

賃貸の住宅に引っ越すときには、引越しのために、運送業者を依頼したり、また箱詰めなどで、仕事を休まなくてはならないかもしれませんので、時給や日給計算の仕事をしている人には収入が減ってしまうこともあります。そういうわけでかなり経済的に厳しいのですが、それだけでなく、敷金や礼金という問題があります。通常敷金として1ヶ月分、礼金として1ヶ月分の出費がありますから、かなり経済的には厳しくなるでしょう。それだけでなく、家賃も前家賃ということで、当月分の家賃と翌月分の家賃を払うことになりますし、新居の家具や食器や家電や寝具などで不足しているものを追加で買うことになると、相当経済的に苦しくなるのです。

そういうわけで、敷金や礼金というのは、できることなら免除していただきたいというのが本音なのです。本音というより、心の叫びかもしれません。そのような賃借人の立場を考慮してか、このところ、敷金と礼金を免除している不動産物件も出回るようになってきました。敷金と礼金が不要であるなら、家電などは十分良質のものを買うことができます。もしかしたら仕事上も非常に効率よくなるかもしれません。健康的なことにも役立つかもしれませんし、収益が上がるようになるかもしれません。やはり敷金と礼金が不要であれば、その浮いたお金を有効利用したいものですね。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.