賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件転居にかかる費用を小さくしたい

賃貸物件への転居をするときには、こんなにもお金が逃げていくのかと思うほど、大金が出ていきます。我が家は、準備していたお金で足りなくて、キャッシングで準備したくらいです。ローンを組んでいる人も多いようで、転居後も数年間、それを引きずることになるので、経済的に辛い人も多いと思います。せめて、敷金や礼金などの初期費用が無ければ随分と違ってくると思います。私の体験では、修復のためにお金がかかったと言うことで資金は戻ってきませんでした。資金無料と言うことは、退居の時に請求されることになるのですが、そのほうがよいのではないかと思います。

私は本当にこちらが修理すべきことに敷金を充てたかと言うことに疑問が残っています。転居時にどういう修理に対して費用を求められているのかを知ることができれば、決してこっちが持つべきでない費用をしっかりチェックできます。それに、修理費用を先払いするような資金にローンを組んで、金利を支払うのも大きな損です。資金や礼金の不要の物件に満足できるものを見つけることができた場合は、そちらを考えてみるのも良いと思います。何よりも転居時の費用が小さくなるのは魅力ですし、そういう物件は不動産会社の管理下のものも多いので、転居の時の修理費についても、法律に基づき、こちらの支払うべき金額をクリアにしてくれますから納得ができます。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.