賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件を借りるときには敷金礼金の違いを知っておきましょう

賃貸物件を借りるときには、ほとんどは敷金礼金が必要となります。敷金と礼金はどのようなものかというと、礼金は謝礼として支払うので基本的に返還されません。しかし、礼金がかえってくる場合もありますので覚えておくとよいでしょう。入居契約して、契約期間が1年か2年になると思いますが、その間に退去した場合は、支払った礼金から入居年数に応じて返金されます。また、礼金を払わなくていい場合もあります。大家さんがマンションを建てる際に住宅金融公庫からお金を借りて建物を建てた場合は、礼金をとってはいけないと法律で決められていますので礼金を払わなくていい物件もあります。敷金は関東方面では一般的に敷金と呼び、関西方面では保証金と呼ぶようで、基本的に戻ってくるお金です。

このお金を納める目的は、家賃の滞納や、部屋を引越すときに修理が必要になったときなどにこの敷金から差し引いて修理費用がまかなわれます。退去時は敷金を返金してもらう際に必要以上に差し引かれていないかしっかりチェックすることが大切です。こちらが負担しなくてもよい費用までひかれていることもありますのでしっかり明細をもらって確認しましょう。少しでも敷金が戻ってくるようにしましょう。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.