賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸を借りるときに必要な敷金と礼金について

賃貸を借りるときには、まずはじめに最低でも、家賃の6か月分のお金が必要と言われています。例えば家賃が10万円の賃貸を借りるときには、10×6か月で60万円が必要となってきます。ちなみにこれ以外にも、引越し代や新居に使用するカーテンや家具などといった細々したものにお金がかかってきます。

最初に必要な家賃の6か月分の内訳は、敷金が2か月分、礼金が2か月分、仲介手数料が1.05か月分と、前家賃といって、入居を開始する月の家賃が1か月分です。ちなみにこの中にある敷金というのは、いわゆる預け金のことです。これは大家さんにお金を預けているだけなので、基本的には退去時に返還されます。ですが、担保金として、万が一家賃を滞納して支払えない場合や賃貸物件に汚れや傷をつけた場合の為に預けておきます。一般的には、退去する際に賃貸物件の修理や修繕費を差し引きされて、返金されます。

礼金は、大家さんに最初に支払うお金のことです。これは敷金と違って、戻ってくることはありません。しかし最近では、礼金0円物件も沢山でてきています。これは大家さんが自ら、礼金0円でも貸しておいた方がいいという考えのもとに、行っていることが多いです。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.