賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸の敷金・礼金について

物件を探している時によく目にする敷金・礼金という言葉。これの意味からいきましょう。まず、敷金というのは借りる不動産会社や家主にまず払う家の保証金のようなもの。敷金はないところもありますが、あった方がもし賃貸に傷をつけたりした際に先に払った敷金で修復ができます。余ったら返してもらえる場合もありますので、ないにこしたことはありません。ない方が引っ越しの時はいくぶんか浮きますが、その代わり丁寧に使わないと後が怖いです。敷金は家賃の一か月分、二か月分、半分だったりと変わってきます。時期によっては普段はあるけど、なしだったり、2月〜3月辺りの物件はそういったのが多いです。

次に礼金について。こちらは不動産会社や家主に払うお礼金です。なので払っても返ってくることはありません。この部屋を貸してくださってありがとうございます、という意味でのお礼金なのでないほうがいいですね。今はないところがほとんどですが、あるところはしっかりあります。礼金の金額は敷金と同じで、家賃一か月分、二か月分、半分と色々あります。これらの事から、敷金はあったほうが安心。礼金はあってもなくても特に問題はないが、ない方がいい、ということになります。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.