賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件に必要な敷金や礼金のこと

敷金というと、転居の際の修繕費にあてる費用であったり、家賃を滞納した際などに代わりとなる費用であったりと大家さんが利用するものです。また、礼金とはお礼のお金のようなものです。どちらも賃貸物件を利用する際の初期費用として必要不可欠なものでもあります。特に新築の物件ではこのような初期費用が高いことがほとんどです。もちろん、支払っておくと転居の際に部屋についた傷や汚れの修繕費を支払う必要が無かったり支払っていた費用より少なく済んだ場合などに帰ってくることがあるようですが、最近はこのような敷金や礼金がなく入居できる物件も多くなってきています。

このようなサービスは転勤が多く、単身赴任として部屋を利用している方であったり、学生のうちだけ一人暮らしをする部屋として利用する方には初期費用を抑えられるという点でとても魅力的だと思います。このような費用を抑えることで家具や家電を購入する費用にあてることができますし、かなりの節約にもつながるものだと思います。そうすると短期間の単身赴任であったとしても気軽にホテルではなく賃貸物件を利用できると思いますし、学生などでも気軽に一人暮らしを始められるのではないかと思います。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.