賃貸契約の際の敷金礼金について

最近の賃貸物件の契約時に、敷金の設定がないものがあります。

最近の不動産事情も、変化があると思います。一昔前で、住む賃借借の不動産には、契約初期の段階で、敷金礼金という項目がかならずあったと記憶しています。最近では、その敷金礼金の設定に変化が見られます。それと言うのも、賃貸者の契約では、契約者の他に連帯保証人の記載が必要不可欠です。この連帯保証人と言うのは、契約者が支払いの義務のある債務者であるとすると、この方が支払わなかった場合には、私が支払いますという意味合いがあります。つまり、人的な担保が、連帯保証人であります。本来は、この連帯保証人だけで十分なはずです。しかし、この連帯保証人すら支払い能力がない場合が出て来ています。

そうしたリスクを避ける為に、保証会社を介在させる契約をすることが多いです。債務者としての契約者も連帯保証人も、賃貸借契約に基づく賃料を支払わない場合には、この保証会社が賃料を支払う事になります。大家としては、この保証会社が介在する事によって、賃料の支払いを確保することが出来ます。その為、敷金としての役割が軽減されています。敷金は、不測の事態に備えての前払い制度です。その為に、保証会社の介在により、敷金制度が補てんされると言う事により、役目が無くなったことになります。ですから、礼金だけを求める契約も多いです。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.