賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸の敷金礼金について

賃貸を借りるときには必ず敷金礼金がかかってきますがこの時に気をつけないと行けないことがあります。それはまずトラブルが多くなるということがあります。敷金については部屋のクリーニングを行わない場合には返却されることがあります。しかしオーナーとしては一度もらったお金については一旦預かっているといっても返却したくないというのが本音としてあります。入居者については原状回復義務がありますので敷金で足らないときにはこの敷金を充当しますが、これで足りなければ更に負担してもらいますし、足りた時には余った分は返すのが本来の契約になっています。

そのため入居するときに必ずこうしたクリーニングなどのことについて細かくオーナーと打ち合わせしておくことがポイントです。そして礼金についてはオーナーに貸してもらったお礼として一ヶ月分の家賃を払うということになっていますが、こうした礼金も払う意味が分からないという人もとても多いです。最近では礼金もない物件もありますが、その文家賃が高めに設定されているため住む期間によっては払い過ぎることもありますので、きちんと計算するとこが大事です。きちんとした情報を不動産業者から聞き出すことがまずはポイントになります。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.