賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸に関わる敷金礼金の性質

アパートを初めて借りるという時に、アパートの賃貸料金と言えば家賃ですが、その他にも不動産会社から請求される金額に敷金と礼金と言うのがあります。噛み砕いて言えば、これらのお金は賃貸物件を貸す際の大家さん、または不動産会社に対しての担保金や謝礼金のようなものなのです。特に敷金と言う金額は、仮に契約した人に物件を貸すと言っても、後々、何等かの事情があって、部屋を壊されたとか、家賃を滞納された際に、賄われると言う金額なのです。または、部屋を退去する際にその部屋の修繕に充てられる金額なのです。借りる人がどのような人なのか分からないために、万が一にでももし部屋を貸した後に、どうなるか分からないために、担保のために、一定の金額を予め支払って戴き、壊れた場合のその修理費用や家賃滞納の際にも充てると言う金額となります。そして、何も問題もない場合は、返却されるお金でもあります。

そして、礼金と言う金額は、その名の通りに、部屋の所有者より貸していただきますと言う意味で、感謝を込めた金額と言う意味合いになります。全くの血縁者でもない、他人に自分の所有している物件を貸す場合もありますが、血縁者に貸す場合もあります。物件と言えば、これから住むに当たり大変ありがたく貸していただく訳ですから、そのお礼を込めて、物件の所有者に対してお礼のお金を渡すと言うのは考えてみれば筋を通している事になります。これからお世話になりますと言う意味の謝礼金でもあります。古くからの慣習のようなお金です。ですから返却されないお金と言う事になります。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.