賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸契約における敷金礼金の交渉について

賃貸契約するときの決め手はもちろん家賃や間取りが多いでしょうが、敷金礼金の金額によってその部屋を諦めてしまったことがある人もいると思います。敷金礼金がそれぞれ2ヶ月分となると金額的に結構厳しくなるからです。ですが、礼金に関しては大家との交渉次第で下げることも可能になります。これが出来ると金銭面でだいぶ楽になるので、駄目元でも試してみる価値はあります。

一般的に、大家への御礼の意味を込めて払うのが礼金です。大家としては出来るだけ貸部屋を空けておきたくないと考えています。繁忙期となる2月から4月付近は引手数多になり、空白期間は生まれにくく、この時期に交渉をしても難しいです。これらのことから、急ぎでなければ、繁忙期の時期を外した時期に大家と交渉すると、礼金を下げることが出来やすくなります。実際に、私はこの時期に交渉して成功しました。繰り返しになりますが、礼金は大家への御礼といった形になるので、礼金を下げたとしても契約が結べるのであれば、お互いにWinWinの関係が築けることになります。

なお、敷金についての交渉は契約時と退去時が肝心です。敷金は部屋の補償やリフォームに充てられるので、敷金を下げると退去時に請求される可能性があるので、これは注意が必要です。注力すべき交渉ポイントは、契約時はどこまでを負担範囲とするのかという点と、退去時にどれだけ綺麗にしておくかという点になるかと思います。私の体験談では、これを上手く出来たおかげで敷金の幾らかがキャッシュバックしてもらえました。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.