賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件の敷金と礼金の違いを知ろう!

敷金と礼金の違いはご存知ですか?敷金は賃貸物件の退去時に汚れや破損があった部分を直したり未払いの家賃があった場合に差し引かれるお金です。自分が壊したり汚したりした部分は常識的に考えても、ちゃんときれいにする必要があります。こういったクリーニングや補修は敷金をもとにして行うことになります。したがって最終的に退去するところまで考えれば、敷金はある程度は戻ってくるので一度オーナーさんに支払ったとしても妥当と言えます。

これに対して礼金は建物のオーナーさんにお礼として支払うお金になります。住まわせてもらうことに対する感謝という意味合いが大きいです。しかし実際のところ、入居時に礼金を必要とするオーナーさんの物件はほかの物件と違っていてよい素材やオシャレなインテリアをつけているなど、お部屋作りにもこだわっているオーナーさんが多い傾向にあります。

礼金を支払う価値については家賃を支払っていれば必要ない、などさまざまな考え方があります。しかし礼金を支払ってでも入居したいという物件があれば、礼金は返ってこないことを念頭に入れて検討をすることが必要です。住むにあたって友人をよく呼ぶ方はオシャレさやきれいさにこだわって礼金を支払うことを検討してみてもよいのではないでしょうか。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.