賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸の敷金礼金は返済されます。

賃貸物件を一番最初に契約するの時に必要ななのが敷金だと言えます。家を最終的に返すときに、その家の状態に応じて壊れた部分の修繕費などにあてがわれるのです。もちろん家賃が滞った時などもこの敷金の中から差し引かれることもあります。賃貸でその家を借りる人間は、どんな人か大家からは分かりません。そのためのにある程度預かり金という形でお金を預かっておくのです。もちろん入居前にはある程度の審査は行われますが、それほど確実なモノでは無いため、敷金を預かっておくことで大家さんもある程度安心が出来るからです。

敷金は家賃の半年分とか多ければ1年分という物が結構多いと言えます。もちろんオフィスビルなどの場合は、1年以上の金額を取られることもあります。当然ながら周辺の物件の金額から余りにも高いと借り手がないので、ほぼ同じ地域、同じ広さであれば大きく金額的が異なることは無いと言えます。この敷金だけでなく家賃なども十分考えた上で、良い物件を選ぶことが一番必要だと言えます。もちろん、その家の広さや駅からどれぐらいの距離にあるかなども周辺にある物件の金額を比較する必要があります。不動産の物件は極端に安かったり高かったりと言うことはまずありません。その場合は、何らかの付加価値や、問題点が必ずあるハズです。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.