賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件を借りる際に発生する敷金礼金の意味

アパートなどの賃貸物件を借りる際に家賃以外に支払いが発生するものに敷金や礼金と言うものがあります。この敷金と言うのがつまりは、部屋を貸す方からしてみれば保証金と言う意味合いの金額になります。そして部屋を借りる方には、賃貸物件契約時の際に不動産業者に収めるお金の内に、後々は手元に戻ってくるお金と言う意味合いで受け止めても良い金額です。何故こういう意味合いのものがあるかと言えば、賃貸物件の場合、仮に賃貸契約をしたとしても、後々家賃の滞納になったり、部屋を引っ越す際に、修理が必要になった場合にこの敷金が、その家賃滞納や部屋の修理費用などに当てられるのです。部屋を貸す側にとっては、仮に契約を結んだとしても、最初は温厚な人でも、実生活では部屋を壊すほどの気の荒い人や、平気で家賃を滞納すると言う人がいるかも知れないからです。そういう将来性を考慮した上での保険を掛ける意味で敷金と言うものがあるのです。

次に礼金と言うお金です。コチラは借りる側にしてみれば、手元には戻ってこないお金と言う事になります。何故ならば、このお金は、部屋を借りる側からしてみれば部屋を貸してくれてありがとうございますと言う意味での仲介手数料と言われるものです。物件の所有者とは別に、物件を紹介する不動産業者に、部屋を紹介してくれてありがとうと言う意味合いの金額です。かつて、住む家がなくて探さなくてはならないときに、住む場所を提供してくれる人は貴重な存在だったのです。その人に感謝の気持ちでお金を包んで渡すと言うのが始まりで、こういう礼金と言うものが現在でも続いていると言う事です。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.