賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸借における敷金礼金の制度がなくなりつつあります。

賃貸マンションに経営に於いても、リスクは付き物です。いつ火災に遭うか分からないと、いつ地震で倒壊するかもしれません。それ以上に、マンションは建てたものの、入居者は入ってくれるのか、やはり不安の材料のタネを付きません。事業としてやっている以上、空室のない満室が埋まっているのが、理想的です。しかし、入居者と言うのも、不安定な動きを見せます。近くに新しいマンションが出来れば、そちらに移る方も多いです。その為、新しい入居者獲得の為に、初期費用を安くするために、敷金礼金を取らない設定の賃貸物件も多いです。また、最近の新しいマンションでも、敷金礼金という形態でなく、保証料と称する敷金礼金の複合した形態の保証金を求める場合もあります。

賃貸物件である以上、空室を少なくして、常に満室にするように営業努力は必要です。安定したマンション経営を求めるのが、事業者としてのあるべき姿でと思います。初期費用を少なくするには、それなりに更新料の設定を安くしたりして、継続して入居し続けるような工夫も、そこにはあり得ます。敷金は、賃料の3カ月分、礼金は、賃料の数カ月分という常識的な設定が、ある程度崩壊して来ました。保証料をとって保証会社が、賃料保証するからです。その為、敷金礼金と言う制度の内、敷金の設定は薄くなりつつあります。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.