賃貸契約の際の敷金礼金について

敷金や礼金がある賃貸物件について

最近は、敷金や礼金が不要な賃貸物件がありますが、まだまだ賃貸市場としては敷金や礼金が必要な賃貸物件の数の方が圧倒的に多いのが現状であります。この敷金や礼金というものをきちんと理解している方というのは、そう多くはないのではないかと思っています。実は名前だけなんとなく理解しているけど、内容の方まできちんと理解している方は、そう多くはないのだろうと思っています。身近の友人に敷金や礼金について詳しく知っているか尋ねた際にも、よく知らなかったです。

賃貸物件を借りることがなければ、なんとなく敷金や礼金について知っていればそれほど問題はないかもしれませんが、この先、賃貸物件を借りる機会が訪れた際に、やはり意味を知っておくことは大切だと思います。敷金は、借主が万が一家賃を滞納したり、部屋に傷を付けたりシミや汚れを付けたりした際に、家賃を滞納した場合の担保や部屋の修繕費として事前に大家さんに預けておくお金のことを言います。ですので、家賃を滞納しなかったり、部屋を綺麗に使っていれば原則として退去時に返還されます。一方、礼金はこれは昔からの慣習みたいなもので、大家さんに部屋を貸してくれてありがとう的な意味合いを込めて借主から貸主へのお礼するお金です。ですので、敷金とは異なりこちらは一切返還されることのないお金となります。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.