賃貸契約の際の敷金礼金について

資金ばかりが気になる賃貸物件

賃貸物件を探す時に、住まいに対するニーズもさることながら、非常に気になるのが初期費用です。引っ越し費用だけでも大きな出費があるのに、この上一時的シュッ気だと言っても、まとえmて大きなお金を準備するのは辛いものがありますから、一番の悩みの種に成ります。資金の設定は物件によりまちまちです。一般的に家賃の何ヶ月分という設定ですが、これは預かり金だといえども、10年住めば10年間帰ってこないお金です。銀行に貯金すれば、ほんの少しでも金利がつくのになどと細かいことを考える主婦にとっては、非常にきになるところなのです。敷金だけを気にして入居したいと思っている物件を諦めたくはありませんし、快適さを捨ててまで預かり金である敷金にこだわりたくはないとも思います。

しかし、資金も礼金も仲介手数料もと合算すると百万円を優に越すというのも当たり前の話です。それに契約書をよく見ないと、退居の時のこちらの責任の範囲により、資金が戻ってこないどころか追い金を請求される可能性もあります。快適生活をしたいけれど、返金がどれだけとも解らない敷金を払ってまではと悩んでいる人は、敷金も礼金も不要の賃貸物件を探しましょう。その方が退去時の精算もクリアですし、資金にするつもりの貯金をそのまま置いておき、退居の時にそれを充てるというほうがお得かも知れません。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.