賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件には敷金と礼金の家賃以外の費用が掛かる

不動産会社に於いて、賃貸物件を決め契約書にサインするときに、家賃以外に予め支払わなければならない金額があります。それが敷金と礼金と言われるもので、物件が個人の所有などの場合には、大凡こういう金額が発生してまいります。部屋を借りるには家賃と言う借り賃を毎月支払う事になりますが、不特定の個人に部屋を貸すのです。その借主がどのような人なのか、契約書一枚では窺い知れない場合が後々発生してまいります。大切に部屋を使ってくれる人であればいいのですが、中には何かが原因で部屋の中を汚し、または傷をつけるなど、壊したりした場合に、その際に発生する修繕代などをどう賄えば良いのか、と言う問題が発生します。または部屋を退去する際にハウスクリーニングなど、元の部屋の状態に戻すと言う場合など、原状回復費用として、こういう場合に必要になるのが敷金になります。

他にも、様々な環境下で家賃を払えない状況になってしまったと言う場合が発生してきます。そういう家賃滞納の場合にもこの敷金で賄う事になるのです。部屋のために使用するお金が敷金になる訳ですが、他に礼金と言うお金なのですが、この金額は部屋に関して使われる金額とは異なり、家主に対して支払われる金額になります。見ず知らずの人が見ず知らずの人に部屋を貸す、そして部屋を借りる訳です。貸す側に対しての借りる側からの、これからお世話になります。と言う意味での御礼金として支払われるものなのです。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.