賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸不動産の敷金礼金制度にも、少し変化が見えます。

最近の賃貸不動産の広告を見ていると、感じる事があります。それは、昔の不動産の賃貸表記と違います。昔の賃貸と言えば、敷金礼金の表記は、必要不可欠な要素であったと言えます。しかし、不動産の形態が変化しつつあります。敷金礼金にあって、敷金と言うのは、通常賃料の3カ月を標準にしています。それは、賃料の滞りが3カ月続けば、契約が終了する事が出来ました。しかし、本来賃料が3カ月も滞納するというのを未然に防ぐ為に、金銭的な担保として、賃料3カ月分の敷金を要して来ました。しかし、現在では、3カ月も滞納する事自体あり得ないことであると言えます。1ケ月も滞納すれば、退去を求められます。

現実的な話として、敷金の表記でなく、保証料もしくは、敷き引きの料金精算をした金額を表記しています。その裏には、保証会社の存在があります。賃料保証を、人的担保の連帯保証人と金銭的な担保としての保証会社が連帯保証関係をなしています。その為、保証会社が代位して、債務者や連帯保証人に、請求して行く形を取る為、貸し手である大家には、リスクが少なくなります。その為、今までのような敷金と言う制度が必要にならなくなったと言うのが、不動産の広告表示から、敷金という文字がなくなりつつある原因だと分析しています。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.