賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸住宅の初期費用について

賃貸住宅に引越しをする場合にはまずは初期費用を払わないと入居できないのですが、その初期費用で注目していく部分がありそれが敷金、礼金になってきます。初期費用にはいくつかの払わなければならないものがあって、一か月分の家賃、仲介手数料、鍵代などあります。しかし、初期費用の半分以上占める事になるのが敷金、礼金というわけです。多い所では両方とも家賃3カ月分だったり、普通でも1カ月から2カ月分は払う必要がありますので物件を選ぶ際にも初期費用について考えていかなければならないです。物件によって敷金、礼金の額というのはかなり違ってきますので同じような部屋であるのなら敷金、礼金が少ない所の方がお得感があります。

敷金、礼金というのは物件を選ぶ際に資料などに明記されていますのでそこを見ると初期費用もどれくらいかかるのか分かります。たしかに部屋選びの際はどのような部屋なのか、周りの環境がどうなのかも大事になってきますけど、初期費用をなるべく抑えたい人は敷金、礼金がどれくらいかかるのかも見ておいて決めた方が良いという事になります。不動産屋によっては敷金がない所もありますので初期費用をおさえるのであればそういった不動産屋も便利です。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.