賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件の敷金と礼金って?

賃貸で物件を借りるときには一般的に敷金・礼金がかかります。最近ではそのすべて、もしくは一部が必要のない物件も増えてきていますが、依然として必要となる物件の方が多いようです。ちなみに敷金は家賃の滞納や物件の損傷修繕費にあてられるお金のことで、また礼金とは不動産紹介手数料といった意味合いがあります。ですので、敷金は返却される可能性がありますが、礼金の方は基本的に返ってこないお金だと考えましょう。

さて、返ってくる可能性のある敷金ですが、もちろん上記のように家賃を滞納したり設備を破損させた場合は返ってきません。しかし、たとえば設備を破損したといっても住んでいるうちに自然と摩耗してしまう部分が発生するのは人為的なものではないために破損とカウントされないことが一般的です。わかりやすい例を挙げれば畳がそうでしょうか。畳表は時間とともに劣化しますので、居住年数に応じて変色していくことは仕方のないことです。同様にどうしても自然的に劣化してしまうような事例に関してはたとえ入居したときから劣化しても、敷金での補償の対象にはなりません。逆に何かを壊したなどの明らかに人為的と考えられる場合には残念ながら返却の対象にはなりませんので気を付けてください。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.