賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件における敷金礼金とは

賃貸物件を借りる際に、敷金、礼金のことを考慮に入れずに、引越し準備金をためることはありえません。賃貸物件を借りるときには、必ず、頭に入れておかねばならぬことです。敷金とは、いわば、保証金のようなもので、入居者のミスで、借りている部屋になんらかの損傷を与えてしまったときや、家賃の滞納などのときに、最初に払った敷金が充てられる事になります。賃貸物件を退去する際に、なんの問題もないときには敷金は入居者の手元に最終的に戻ってくるお金といえます。一方、礼金というのは一度手元を離れたら、入居者には戻らないお金であると言えます。これは、部屋のオーナーが不動産会社に払う手数料の一部であるとされていることが多いです。しかし、入居者側も不動産会社に仲介手数料を払っている場合が多いので、最近では、礼金の習慣を排除したほうがよいのではないかという考えもあります。不動産会社のほうでも物件のオーナーに礼金を下げたほうが借り手がつくというように説得してしてくれる場合もあるので、礼金は交渉次第で値下げされる可能性があります。

敷金礼金、ゼロという場合が最近では目につきます。このケースにおいては、敷金礼金はゼロであるが、それとは別に、保証金の名目で敷金と同じように、お金がかかる場合があるので、注意して、契約書を読むことを薦めます。敷金礼金がゼロの場合は、退去時になんらかの、支払いが発生する場合もあるので、事前に、退去時のことも聞いておく必要があります。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.