賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸の敷金礼金の知識

賃貸物件を探している時に、敷金礼金という言葉が出てきます。その敷金礼金についてトラブル防止の観点から書いて行きたいと思います。敷金礼金は入居時に収めるものです。まずは礼金に関してです。礼金は関東の言葉のようで、関西では敷引きというらしいです。これは入居時に大家さんに対して、感謝の意を表して渡すお金のことです。このお金の相場はだいたい家賃の一ヶ月から二ヶ月くらいです。これよりも安いところもあれば高いところもありますが。ちなみに礼金は支払うと変換されないお金です。

変換されるのが敷金。意味的には保証金や一時金のようなもので、家賃を滞納などした場合に、これから支払われたり、物を壊してしまった時に使われたりします。トラブルはここで発生します。退去時に敷金から修理費などを天引きされたお金が変換されるのですが、ハウスクリーニングは大家さんが払うこととなってます。退去時にはトラブルにならぬように確認して下さい。もしもおかしな点があれば、すぐに確認を取り、不当な物でお金が発生してしまっていたら、その費用を変換してもらいましょう。時間が経つと、忘れてしまったり、確認に時間がかかってしまうこともあるので、このようなことは早めに行いましょう。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.