賃貸契約の際の敷金礼金について

初期費用を気にしないで賃貸契約

実家から出て暮らす数年と限っての転勤や学生生活など、あるいは、子供が社会人となり、しばらく独立した1人住まいをしたいというとき、その場所に執着せずに借りるということや、本当に仮住まい気分であるということなどから、最初にかかる費用を抑えたいという気持ちが非常に強くあるものです。数年後には家に戻ってくると言う二重生活であることやもしかしたらまた別に良い所があればすぐに転居したいという気持ちを持っているというのに、ムダに何十万円、あるいは百万円近くを使い、家電に引越し代金、敷金に礼金、仲介手数料などを支払いたくはないものです。家電製品も必要最低限にしてとはいうものの、いくら数年であっても不自由な生活はストレスになります。

そこで私の甥っ子が選んだのは、資金も礼金も不要の賃貸物件です。家電製品も必要最低限のものは揃っていて、インターネットもケーブルテレビも利用できるというものでした。ちょうどキャンペーンで仲介手数料も不要でしたから人気も高く早めに押さえることにしました。資金不要の賃貸物件は大抵は個人の管理ではなく不動産会社が管理者となっていますから、きちんと法律に則った契約がされていますので、退居の時もムリ飲茶は言いませんから、退去時の費用も納得できる支払いになります。敷金不要は、初期費用を軽くするだけでなく、後々の安心もあるのです。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.