賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸物件契約での敷金、礼金について

賃貸物件を契約する際、必ず初期費用というものが発生します。その中に敷金、礼金、仲介手数料、家賃の数か月分を前払いしなければならない場合もあります。家賃だけ支払えば良いと思って契約に行けばすごい金額を提示されることになりますね。初期費用の中でも敷金、礼金は皆様ご存知なのではないでしょうか。しかし何のために、何の必要性があってそれを払わなければならないのでしょうか。不満に思う方も多いでしょう。しかしそれらを支払わなければ賃貸物件を契約できないのが現実でもあります。引越しをするには膨大な資金が必要です。

さて、敷金礼金などの初期費用の必要性なのですが。敷金は保証金のようなもので実はあとから返ってくるものなのです。通常賃貸契約を行えば退室する際に退室費用という費用が発生します。住む前の状態に修繕を行ったり、清掃をしたりすることに使う費用ですね。敷金はその費用に充てることができます。もし、余ることがあれば返却されます。ですので敷金は払っても預けているだけという認識で問題ないです。ただ、修繕、何かの交換、部屋のクリーニングなどでほとんどそちらに充てられて返ってこないばあいも多いようです。礼金については元々返ってこないものです。大家さんへの感謝の気持ちという名目で昔は払っていたことが発祥のようですが、今も大家さんに住む際に支払うという風潮がそのままのようですね。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.