賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸アパートの敷金と礼金について

賃貸アパートなどを借りる際に発生する、敷金と礼金については一般的によく知られていますが、その意味を理解している方は少ないと思います。この金額は決して少ない物ではなく、借りる側にとっては大きな負担になることがありますので、きちんと理解をしてその金額を払う必要があります。まず、敷金ですが考えとしては保証金のようなものです。もしも、家賃を払うことができなくなり滞納が発生した場合、この敷金から支払うことが可能です。また、引越しをする際に生活傷以外の修理箇所があった場合もどうように、この敷金から修理費用をまかなうことが可能なのです。業者側はどのような人が入居するかは詳しく知ることはできません。部屋を綺麗に使ってくれる人もいれば、荒く使う人もいたり、また家賃を滞納する人もいるわけです。ですから、この敷金は業者側にとってはとても必要なお金なのです。

次に礼金についてですが、これは仲介手数料のようなものです。この礼金は、地方によっては発生しない場合がありますが一般的にはどの業者も請求してくることがほとんどです。仲介手数料ですので、部屋を探してもらい貸してもらうことへの感謝のお金ということです。この制度は、戦後に住む場所を失った人が住み場所を提供してくれた人への感謝のお金として根付いた制度として知られています。敷金、礼金、そちらもしっかり理解をしておいてください。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.