賃貸契約の際の敷金礼金について

敷金や礼金を心配しない賃貸物件を選ぶ

どこでもいいから、自分の好みの全てがぎっしりと詰まったところに住みたいものですが、賃貸物件への転居だけでも、非常に大きなお金がかかってしまいますので、そうはいきません。ましてや、それが数年の単身赴任などと言うことになると、少々の生活空間の不便さもぐっと我慢してという気の毒なお父さん達も少なくはありません。できれば、寂しい我が家が仕事から帰ってきたときに疲れがとれるとかストレスを感じられる第二の我が家であってほしいものです。そのためには、できるだけ二重生活の無駄を省くことに徹することです。賃貸物件の中には、敷金や礼金の不要の物件がたくさんあります。この二つだけでも非常に大きな金額になります。更に不動産会社の仲介費用が無料というものも珍しくはありません。また、生活用品が全て揃っている物件であれば、引越しに業者を使わなくても自家用車一つで必要なものを乗せて全てが済むということもあります。

敷金が無料で生活用品が揃っている賃貸物件は退居の時に取り替えなどに厳しさがあるかも知れませんが、効率のよい間取りになっていて住み心地もよいですし、普段、一人住まいで、留守の時間のほうが多い単身赴任者にとっては、そんなに住居を汚すこともないでしょう。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.