賃貸契約の際の敷金礼金について

礼金を出し渋らずに賃貸に入居予定ならぱっぱと支払おう

礼金の金額は少額です。礼金の意味はこれから入居予定の賃貸の大家へのこれからお世話になるためのお礼として渡すお金です。そう思えば支出はほぼ無いに等しいですし、そんなに出し渋るほどお金に困っているのなら賃貸で暮らすべきでは無いと思います。消費者金融に借りるほどでとありませんが、両親や親戚なら礼金ぐらいのお金は貸してくれるはずです。むしろ自分の物として貰えるかもしれないです。そもそも礼金は礼儀の一部です。義務ではありませんが、例えとしてこれから住む予定の家の隣人達に挨拶回りと粗品を手渡すことはきっと隣人達の自分への印象は良くなることは間違いなしです。

大家に礼金を渡すことも前述の例えと似たように大家からの印象は例え規定通りとしてもきっと良くなるはずです。契約時に礼金を安くして欲しいまたは払いたくないとうことを伝えると大家はさぞこれから入居してくる人間に対して失望すると思います。礼儀に反する行為と受け止められます。決して礼金を軽視してはならないです。少ない礼金を出し渋ることに対して細かすぎると思い人もいるでしょうが、自分には少額の礼金を出し渋る人こそ細かすぎると思います。出し渋ってうじうじなどせずに颯爽とお財布から規定通りの礼金分のお金が取り出せて大家に直接支払えるようにいつでも用意をしておきます。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.