賃貸契約の際の敷金礼金について

住む賃貸住宅の家賃が高ければ敷金も高くなる

敷金は家賃の何ヵ月分である設定とされています。家賃が高ければ自動的に敷金も高くなります。家賃が月に10万円を越えるのなら敷金の遣り繰りはなかなか大変です。3ヶ月分で30万円、4ヶ月分で40万円です。家賃が高い賃貸住宅に住む予定なら平均収入は一般市民を遥かに凌駕するほどでしょうし、貯蓄額も並ではないと思います。なので敷金が高くなろうとも特に気にせずに支払いをするのでしょうが、無理をして高級な賃貸住宅を借りようと考えている人はよく考えてから借りることが懸命です。

家賃が高いけれど設備も立地も魅力的な賃貸住宅を借りようとも敷金が高いことから断念するパターンも少なからずあります。敷金を支払ってもギリギリの生活を余儀なくされます。万が一故意ではないにしても部屋を傷付けるか汚すかの行為をしてしまったらもちろん敷金は本来の役割である部屋の修繕費として消え去ります。けれど、高い敷金を支払っているので退去をする時に敷金の返還額が多いメリットがあり、退去時のお金の問題は少なく済みます。けれど敷金が高いと収入が低い人は敬遠することは当然と言えますし、生活に苦しむことになるので、やはり収入の高い人ほど敷金が高いことをデメリットでなくメリットに変えられるので借りることをすすめたいです。

そのほかの記事

イチオシサイト

Copyright (C)2017賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.